news

cuento



「クエント〜」

と、夜、パジャマ姿の息子が言うと、

ベッドに入って絵本を読みます。

「cuento」とはスペイン語で物語のことです。




こどもたちが通っている補習校の息子のクラスでは、

週替わりで保護者が絵本の読聞かせを行います。

今日はわたしの番だったので、

わたしも息子も大好きな

ジョン・バーニンガムの「ひみつだから!」

を読みました。



去年は落ち着きがなかったこどもたちも、

今ではきちんと座って私語もなく、

みんなきちんとお話を聞いてくれてびっくり。

こどもの成長は早いなあ、と改めて思いました。



読み終わった後、クラスの父兄の方に、

「絵本読むのがすごい感情が入っていた」

と言われ、ひえ〜〜!

と恥ずかしく。。。



こ、これでもいつもよりかなり控えめに読んだつもりなのに。。。



日本にいた頃、小学校で読み聞かせのボランティアに参加していたわたし。

毎週朝の時間に各クラスに入って読聞かせを行ったり、

時には地域の幼稚園にお呼ばれして紙芝居や紙人形劇を行ったり。

みんなで手作りで背景の絵を描いたり、

とても楽しかった思い出です。


そのときに、読み聞かせの極意(?)

を教わったのですが、

その中に、

「著者の意図から外れてはいけないので、

できるだけ淡々と感情を込めずに読むこと」

という教えがありました。

わたしは、そうか、、そうなのか、、、(←既に感情たっぷりに読んでいた)

そうしなくてはいけないな。。。

と、思ってはいたものの、読んでいるうちにどうしても感情が出てきてしまい。



こどもたちも、登場人物によって声色を変えたり、

怖いところは怖く、

楽しいところは楽しく、

驚かせるところは溜めてから一気に読んだりと

バリエーションを付けた方がずっと食いつくので、

家では専ら「ママの絵本劇場」と化していました。



今日は、補習校で、いつもよりずっとずっと大人しく読んだのに、

それでも感情豊かだなんて、

普段家ですごいことになっているのではなかろうか。。。



でも、息子は

「テレビ見るよりもママのクエントのほうが好き!!」

と言ってくれるので、まあ、いいのかな。



ちなみに、わたしの声、なぜかほんとによく

「ジブリっぽい」

と言われます。


それで感情たっぷり、、、

なかなかおもしろいよね?きっと。。。



2016.12.18
page top