news

eyes



わがやはこの夏、主人のお店が休みの日月のどちらか(もしくは両日とも)

思えば毎週海へ出掛けています。



毎日毎日朝から夜中まで働いて、クタクタのはずの主人ですが、

これが本当に息抜きになるらしく、

こどもたちと海に入ってこれまたクタクタになるまで遊んでその帰り道、

いつも「リフレッシュできたわ〜」としみじみと言うのです。



わたしは、毎回海に入るわけではなくてビーチでのんびりしているだけですが、

パラソルの下にいても確実にジリジリ。

「うわあ〜また焼けた〜〜」と思うには思いますが、

やっぱりこどもたちの楽しそうな顔と、主人がリフレッシュできるのがうれしいので

平日に仕事をなるべくたくさんやるようにして、毎回わたしもお共しています。




毎回、行くビーチは違うのですが、特にわたしたちのお気に入りは、

バルセロナから南へ少し下ったところにある街、Sitgesのビーチ。

ここは波が穏やかでわがやの3歳児にはうってつけ。

海もきれいだし、旧市街なんかもあって、わがやはめったにしないけど、

街探索もおもしろいかも。

ただ、ここはバルセロナから一番近いリゾートと言われている場所で、

ビーチもかなり混み合っているのが玉に傷。




そして最近もうひとつ、気に入って数回通っているのが、

バルセロナから北へ少し上がったMataróという街のすこし先にあるビーチ。

こちらは水がかなり透明で、観光客はあまりおらず地元の人中心。

ただヌーディストビーチエリアもあるところで、

わたしたちはヌーディストではないところで泳ぎますが、

かなりの人がオールヌード状態。

それを見てこどもたちは「裸の国」と命名。

まあ、さいしょはびっくりしますが、

見慣れるとすっごく当たり前に見えてきますよ。




それから今日は、はじめてバルセロナの北へ60kmほど上がったところからはじまる

Costa Bravaへ行ってきました!


Costa Bravaとはその一帯の海岸線のこと。

カタルーニャ州屈指のリゾート地になっています。

ちなみに、南のアンダルシア州にはCosta del solと呼ばれる海岸線があり、

こちらもかなり栄えたリゾート地。



今日行ったのは、そんなCosta BravaにあるTossa de marという街。

ビーチのすぐ手前までレストランやお店などが立ち並びます。

でも、とってもちいさな街なのですごく騒がしいというわけでもない。

リゾート地なだけあって、日曜日かつバカシオネスのこの時期でも

どの店もしっかりオープンしていました。




2014-08-11 00.19.36.jpg







さっそく海へ!すぐにこどもたちは海にかけて行きます。





2014-08-10 22.34.17.jpg







何よりも目を惹いたのは、

海にせり出すようにして建てられた古い建物のあと。




2014-08-10 22.34.06.jpg







こちらをわたしは城跡だと思っていたのですが、

帰宅して調べたところ、これは中世の村のあと、旧市街であることが分かりました。

しかも、珍しい市壁がある街だということです。

なんと13世紀からある古い村!




この旧市街の向こう側に小さな秘密のビーチのようなところもあるとのことで、

探索へ行ってみました。




とてもとても古い、それ自体遺跡のような建物には、実際に人も生活していました。





2014-08-10 23.26.39.jpg







地中海に飛ぶ広告の幕を垂れ下げた小さな飛行機。

地中海にあのサイズの飛行機って、なんか「紅の豚」を思い出す。。。




2014-08-10 23.40.16.jpg





ああ、この街ほんとうにすてきだ〜



2014-08-10 23.38.28.jpg







旧市街からは新市街が見下ろせます。

新市街って言っても、十分アンティーク感があるけれど。




2014-08-11 00.08.45.jpg







そして、聞いてた秘密のビーチを発見!!

岩場に囲まれてひっそりとあった小さな小さなビーチ。

それでもたくさんのひとがいました。

そりゃあここで泳ぎたくなるよね〜




2014-08-10 23.27.56.jpg







さらに登ると、さっきいたメインのビーチが見渡せました。


これまたすごく地中海的な画だわ〜




2014-08-10 23.44.04.jpg







さらにさらに登ると、遺跡もちらほら。




2014-08-10 23.48.20.jpg



2014-08-10 23.50.43.jpg







そして、頂上には灯台があったのですが、

そこで観た景色がこれ、、、、、!!!










2014-08-10 23.56.28.jpg








うわあ・・・!

って、ほんとに叫んでしまいました。

写真にそのままの美しさが写っていないことがほんとうに残念。




いつもいつも、思うのですが、

そしてたぶん以前にもブログや取材なんかでもおはなししたことがあるのですが、



どんなに美しい写真でも、実際に目で見ることには絶対に敵わないのです。




それは、美しいものを見たときに、いつもいつも痛感すること。


あとで、「こんなにきれいだったんだよ」って写真を見せても、

実際の美しさを全く伝えきれていないといつも思う。




そうしたら、「カメラ貸して!写真撮ってきてあげる!」

と言って走って行って、ひとしきり写真を撮り、

戻ってきた次女も同じことを言っていた。


「あ〜、ほんとはもっともっときれいなのにな」

って。




だから、たくさん、そんな美しいものを大好きな人たちと一緒に見たい、と思う。









2014-08-11 00.00.11.jpg







2014.08.11
page top